読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大海を泳ぐ

メンヘラを気取るオタクをしています

さよならと言えば


   今年に入って、たくさんの俳優が芸能界から引退していく。今年引退していった人たちは知った顔の人が多くて寂しい気持ちになった。
   去年だったかには友だちの元本命が芸能界を引退していった。彼の引退が発表されたときには友だちはもう別の本命がいたけれど、元々芸能界が向いてる子じゃなかったと話す彼女はやっぱりどこか寂しそうだった。

   確か近江くんが引退したときだったと思うけど誰に何を言われても行けるときに会いに行くべきだみたいなことを言っていた人がいて、確かにその通りだなあと思った。(元ツイ探したけど見つかりませんでした)変わらないものなんてどこにもない。


   わたしが推してきた人たちは引退した人こそいないけど、今も密かに応援しているアイドルみたいな人たちはバラバラになった。

   全国ツアーが終わってすぐだったか、はたまたツアー中だったのか、もう何年も前でそれすら覚えてない。ただ、自分が行ったライブのすぐ後だったのは覚えている。人気絶頂期だった。スポーツ紙に、解散か、という大きい真っ赤な字が踊っていた。寝耳に水だった。この間見たときはあんなに仲良さそうだったのに?いつも見る彼らと何の変わりもなかったのに?ワイドショーもそのニュースで持ちきりで、どこのテレビを見てもそのニュースがやっていた。
   つまるところ、原因はお金だった。自分の給料に納得がいかなくなったメンバーの1人が、他のメンバー2人を加えて3人で事務所に訴訟を起こしていた。グループは真っ二つに分裂、楽屋でもその3人と訴訟を起こさなかった2人で仕切られているという報道すら出たくらいだ。

   正直、初めは何が起こっているんだろうという感じだった。今までずっと、ずーっと一緒にやって来た5人が揉めている。どんな苦労だって5人で乗り越えてきたはずなのに。事務所と訴訟を起こしていることなんかよりも5人が仲違いしていることの方が、わたしの中では問題だった。ほんとに仲の良い5人だった。そんな5人を見ているのが好きだったし、これからもっともっと大きくなっていくんだと夢見ていた。そんな5人がバラバラになってしまった。
   結局3人はグループを脱退して事務所も退社、3人でグループを組んで売り出している。2人はそのままだ。実質の解散だと思っている。2人も3人も悪くないけど、5人のときの輝きを知っているから切ない。でも、もう5人に戻ることはない。わたしが行ったツアーは、5人で行った最後のツアーになってしまった。あのとき、メンバーの1人が最後の曲で泣いているのが大きな画面いっぱいに写っていて、ツアーファイナルでもないのに何で泣いてるんだろうと思ったけれど、もしかしたら色々なことが彼の頭の中をよぎったのかもしれない。わたしはあの大画面いっぱいの涙を一生忘れられないだろう。

 

   変わらないものなんてないんだとこのとき気付いた。わたしはあのツアーを見たとき、この先も5人のパフォーマンスを見て行けると漠然と思っていたしそれを楽しみにしていた。下積み時代から苦労に苦労を重ねてきてやっと認められて。ずっと5人でいるものだと思っていた。そうしたら、5人はバラバラになった。まあ正確には2つに分裂しただけだけど。当たり前も、変わらないものも存在しない。すごく後悔しているわけじゃないけど、こうなることがわかっていたならもっともっと会いに行けば良かったなと思っている。5人のキラキラした姿をもっとこの目に焼き付けておけば良かったと。もったいなかったなあ、色んな意味で。ちなみにこの間、5人の中で1番好きだった人のソロコンサートに行ったんだけど、5人でいたときと全然変わらなくて相変わらずひょうきんなままで、歌もダンスも完璧で、ちょっと泣けた。でも縛られるものがなくなった彼は楽しそうだった。
   絶対にないとはわかっているのに彼らがもっともっと大人になったとき、また5人でひょっこり曲を出してくれたりしないかな、なんて諦めきれずに淡い期待を抱いている。あり得ないとは思うんだけど。それでもいつか、5人が揃ってまた笑い合ってくれたら良いな、なんて思っている。ヲタクってそういうもんだよね。

 



   いざ、「解散」や「引退」に直面したときわたしたちに出来ることはない。誰かのはてなブログで読んだ。まさにその通りだ。今までファンというものが力を発揮したのを見たのは、ハマの番長のときくらいだ。ハマの番長こと横浜ベイスターズの三浦選手については余談ですので控えておきます、長い間お疲れ様でした。とにもかくにも、「引退します」と言われたときわたしたちは今までありがとうと伝えることしか出来ない。それも間違ってないけれど。そのときありがとうをきちんと言うためにも、後悔しないくらい会いに行かなくちゃいけない。会いに行ける余裕があるときにはめいっぱい会いに行った方が良い。そう思う。後悔先に立たず。

 


   かくいうわたしは、推しに出会ってまだ数えられるくらいしか経っていないのに彼を好きでいることに疲れ始め、そもそも俳優を応援するというのが自分に合ってないんじゃないかなと思い始めたところです。精神的にも金銭的にも余裕がない。メンタルがヘラっています。2.5次元舞台の乱立どうにかなんないかな。
   さーがんばろー!みんな後悔しないように推しにお金を落として現場に行こー!

 

 

   好きだった5人組は一応名前を伏せましたけどここまで事細かに書けば誰だかわかりますね。