読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大海を泳ぐ

メンヘラを気取るオタクをしています

若手俳優厨による手紙の話

 

cz57.hatenablog.com

 

   すごく面白い記事を見つけたので便乗させて頂こうと思います。色々見てると他人のファンレターに興味のある人が多くて、かくいうわたしも自分以外のオタクが何を書いているかとてつもなく気になるマンです。だって絶対に見られないものだからこそ気になるよね、見られないものだからこそどんなものがスタンダードなのかとか気になるよね。若手厨駆け出しの頃ファンレターなんて何書いて良いかわからなくて必死にググったのを思い出します。あの頃は可愛かったな!!!

 

 

①宛名
   便箋には宛名書かないタイプです。気付いたら書かなくなっててそれが当たり前になったんだけど、他の人のブログを見ているとどうもこれは当たり前ではないみたいだった。宛名を書いてた頃は結構こだわって文字とか書いてました。   
   ちなみに便箋にはきちんとお名前様で書きます。書かないと劇場で預けるとき文句言われるもんね!!!

 

②書き出し  
   「こんにちは、〇〇です!」から始まり、「今日も公演お疲れ様でした〜!」みたいな感じ。これも他の人のブログ見てると全然普通じゃない…。自分の名前から始まるって自己主張激しすぎじゃない?ちょっと反省しました。恥ずかしい。次回から考えようと思います。こんにちはなのは特に意味なくて何か挨拶したいだけです。

 

③内容
   これこそ1番気になるところだよね!公演初日は楽しみだな〜って気持ちをぶつけ、それ以降公演中はひたすら公演の感想を書き続けます。お手紙を書くことで自分の存在を主張したいので手紙はとにかく書きまくりマンです。マチソワあればマチネ1通、ソワレ1通。正直こんなに手紙を書いても意味はないことはわかってるんだけど、書かずにはいられないのです…。
   推しがストレートの舞台に出てくれたときはほんとに書くことが尽きなくて、ここのこのシーンの表情が、とかこのシーンのセリフの言い回しが、とか山のように書いてたし、ストーリーの考察とかも書いてたからネタには困らなかったなあ。逆に困ったのは2.5舞台に出続けられたとき。2,3回観て書くことがなくなった。ので、結局は同じこと言ってるだけだけど言い回しを変えてひたすら書き続けた。

   良いことしか書かない褒めて伸ばすって人が多くて、やっぱりそうだよな〜って思った。わたしも推しに手紙を書くときは基本褒め殺しなので超納得しました。だってどんなクソ舞台でも基本的に推しは悪くないしね。
   とかいいつつ実を言うと(?)1回だけやんわりと推しにも文句言ったことがあります。でもそれは、推しもその舞台に関わる一員として本気でやっていたからこそ、言いたくなったんだけど。手紙を読んでどう思ったかは分からない。まあオタクの一意見として受け止めてもらえたらそれで良いんだけどね!!(間違いなく読んではいます)

 

④締め
   次は××だね〜楽しみ〜みたいな。決まってればね。(決まってないときも多々あった)無理せず頑張ってねまた手紙書くね〜って終わる。

   自分の名前と、わたしは住所も書いてます。あわよくばみたいな欲もある(笑)何人かはマジで年賀状と暑中見舞いが来たし、1人は直筆メッセージ入りのポストカード(?)が送られてきた。メッセージ入りのポストカードは、そのときは超沸いたけど今となってはどうすんのこれ…って感じです。シュレッダーかけて捨てるしかないよね…?
   そういえば年賀状も全部手書きだった人がいてすげえ…って思った。普通は事務所が用意して送ってくるもんね。でも年賀状もらうだけでも気分的に違うのでこういうところは企業努力ですね。

 

⑤手紙を出す頻度
   これ、③でも書いちゃったけど公演中はこれでもかってくらい手紙を書きまくります。少なくとも自分が入った日は必ず出す。繰り返しますがマチネで入れてソワレでも入れる。1日に2通出してもきっともらうタイミングは一緒だし、うわコイツこんなに送ってきやがったって思われるんだろうけどね〜。もうこれは病気だね〜。
   あとわたしは結構事務所に送ったりもします。郵便物を出すという行為が好きなんですよね(?)。郵便局ヘビーユーザー。窓口のお兄さんに認知もらったときは沸きました。心の病です。

 

⑥手紙の量
   舞台の感想書くときは大体3枚程度です。それ以上書きたいことがあっても添削して何とか3枚に収める。それ以上は重いみたいな話を見かけたことがあったので、なるべく3枚以内に収めるようにしてる。けど、どうしても収まらないときももちろんあるので、長いから適当に読んでね〜って冒頭に書きます。これやっぱりみんなやってるんだね!!だってねえ。お経みたいに長い手紙をさ、推しに延々と読ませるのも酷じゃないですか。内容ざっくり理解してくれたらそれで良いかなって思う。でも手紙の内容覚えててくれると嬉しいよね。

 

⑦手紙の種類
   人によって便箋を使い分けてるんですが、本命はキャラものです。何のキャラかまでは言わない。黙秘権行使させてください!!
   容量も気にするけど、わたしは割と柄で選んじゃう。本命じゃない人には装飾するのも好きなので無印の便箋使ったりする。ファミマで手に入るから便利だよ。マステ貼りまくったりシール貼りまくったり。センスないのにそういうの好きなんですよね。でも遠征にマステ持ってくと荷物増えるから、遠征のときはあんまりやらない。

コットンペーパーレターセット・A5 封筒洋型2号6枚・便箋A5サイズ12枚 | 無印良品ネットストア

再生紙クラフトレターセット・A5 封筒洋型2号6枚_便箋A5サイズ12枚 | 無印良品ネットストア

ちなみに無印のオンラインストア見たらこれが載ってたんですが、わたしの記憶が正しければファミマではこれが2つともセットになって売ってた気がする。もう売ってないのかな。もし見かけられた方いましたらご報告頂けると幸いです(笑)

 

 

   とまあ、わたしの手紙について書いてみました。これだけ書いても結局のところ本物を見せてもらうのが1番わかりやすいよね(絶対見せられない)。でもすごく面白いネタだと思うので書いてくれる方がもっと楽しいと思うし、このネタを考えられた方はすごい。超勉強になります!!

   それぞれ個性があって良いと思うしつまるところ好きなこと思ったことを素直に書けば良いと思うけど、この記事がまだ若手厨駆け出しのあの頃のわたしみたいな人の役に立ちますように!!!絶対立たない!!!!